老後資金 シミュレーション 独身

おひとりさまの老後資金対策「おひとりさま」という言葉は独身という意味ですが、今ではすっかり定着しましたね。それだけ結婚せずに独身でいる人が増えているのでしょう。しかし、30代40代ならまだしも50歳を過ぎても独身の人が多くなっていることがすごいですね。 独身女性の老後の消費支出は1ヶ月で約15万円とされています。将来、お金で心配事をつくらないためにも、確定拠出年金などを活用し資産運用をして老後に備えておくことが大切です。不安を払拭すべく、まずは「独身女性の老後資金に必要な金額」を算出してみました。 独身者の貯金の平均額っていくら?30代、40代の平均貯金額は?自分の貯金は平均以上?もしもずっと独身だったら貯金はいくらあれば老後に足りる?十分な貯金のためには月々いくら貯めればよい?人には聞きづらい、独身の人の貯金について解説します。 保険の見直し以外にも、家計や貯蓄、資産運用などお金にまつわるご相談を承っております。. 独身のおひとりさまの老後の資金繰りのシミュレーションはどのようにするのが良いのでしょうか? 収入は、退職金と年金のみ。として考えるのがわかりやすそうです。 将来、お金で心配事をつくらないためにも、確定拠出年金などを活用し資産運用をして老後に備えておくことが大切です。. 老後資金の教科書は老後の生活をより豊かにするために、金融や老後に関する法改正などを中心に解説記事を掲載しています。 独身のままで、老後の生活は大丈夫? あるじゃん 編集部 . 老後の一人暮らし場合、毎月必要な生活費は平均15.3万円程度と言われています。しかし、このデータ、住居費が1.8万円の計算なんです。つまり、持ち家の方を含めた平均になっているんです。では、実際には「老後の生活費っていくらかかるの?いくら貯めなきゃいけないの? 老後にいくら必要かが語られるとき、多くは夫婦二人での生活費が仮定されています。それでは独身で老後を過ごす場合にはいくら必要となるのでしょうか。独身の場合に必要となる老後資金とその貯め方について紹介します。 おひとりさまで老後に不安を感じている人は多いと思います。しかしほとんどの人は将来のお金のことは見て見ぬフリをしているのではないでしょうか。今回はそんな人のために、1人でできる老後資金のシミュレーション方法をご紹介します。 今後ますます増えると言われている独身女性。誰にも気を遣わず、お金も時間も自由に使える気ままな生活は捨てがたいですよね。だけど正直なところ、孤独や老後の貯蓄などの不安もつきまとうのではないでしょうか。, 今回は、そんな不安を払拭すべく、「独身女性の老後資金に必要な金額」を算出してみました。, 漠然と老後を考えていても不安は募るばかりです。まずは現実を見て、地道に今からできる対策を取るに限ります。, 現在の日本の年金制度では、1966年4月2日以降に生まれた人は65歳から年金が支給されます。, 早速、総務省の「1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)」(2018年)を見てみましょう。, 65歳以上の女性における1ヶ月の消費支出は151,421円。ここには、食費や光熱費、衣料品、医療費、交通費などが含まれます。, しかしここに含まれている「家賃・地代」を見てみると、わずか5,368円のみ。これは、アンケート対象者の82.6%が持ち家のためです。ですから、賃貸派の方は家賃分も考慮に入れなくてはなりません。, また、年齢を重ねると家をなかなか借りられなくなる、なんて話を聞いたことがあります。今のうちにワンルームマンションを手に入れるのもひとつかもしれませんね。, 老後の収入の要である公的年金受給額を、厚生労働省の「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」を参考に見てみましょう。それぞれの受給権者の平均年金月額は次の表の通りです。, 厚生年金は企業で正社員として働き、厚生年金を納めていた人のみが受け取れる年金です。, 自営業・フリーランスとして働いていた人は、厚生年金がありませんので注意しましょう。また、派遣社員、契約社員、パート・アルバイトの場合には、就労状況により異なります。自分が厚生年金に加入しているのかどうか、今のうちからチェックしておきましょう。, ここで、先ほどの1ヶ月の消費支出を思い出してください。その金額は151,421円でした。年金受給額の平均額から計算してみましょう。, それぞれ約4万円、約10万円が不足してしまうことがおわかりいただけるでしょう。つまり、老後のためにあらかじめ必要金額を確保しておく必要があるのです。それでは、実際にいくら必要なのか計算してみましょう。, 平成30年簡易生命表によると、女性の平均寿命は87.32歳です。65歳から90歳までと仮定して、その25年間の老後資金を確保するためには……, 加えて、60歳で仕事をリタイアするとなると、60〜65歳の間の生活費も必要となります。こちらも考えておかなければいけません。, 約900万円が必要になります。厚生年金の場合は合わせると2,400万円、国民年金の場合は3,900万円です。, つまり、30歳で貯金がないと仮定すると、60歳までの30年間で、毎月約6~11万円ずつ貯める必要があります。, 更に持ち家ではない場合、60歳から90歳までの家賃も必要です。家賃5万円としても、プラス1,800万円が必要になります。, 老後資金を貯めるために、資産運用も検討してみると良いでしょう。資産運用のひとつに「確定拠出年金」という税制メリットのある制度があります。, まずは、自分の勤める企業が企業型確定拠出年金に加入しているかどうかを確かめましょう。加入している場合は、会社がお金を拠出してくれています。加入しておらず、企業年金にも加入していない場合には、個人型確定拠出年金の対象となります。, 個人型確定拠出年金の特徴は、「自分の老後資産を自分で運用・管理する」ということ。そして、原則「60歳まで解約できない」ということです。裏を返せば、60歳まで着実に貯めたい人には優れた制度と言えそうです。, 個人型確定拠出年金では、1年間に自分が払った掛金分は、その年の収入として計算されません。そのため、収入に応じてかかってくる所得税や住民税の金額を抑えることができます(所得控除)。, また、自身の責任で運用するので、それによって増えたお金は将来自分で受け取ることができます。さらに、運用益にも税金はかかりません。ただし、マイナスになればそれも自己責任です。, しかし、会社員の方の場合は確定拠出年金だけでは、月々に必要な金額に43,000円及びません。自営業の方もギリギリ足りるくらいです。, それでも、今あなたが30歳だとしたら60歳まであと30年あります。まずは老後のライフプランをしっかりイメージし、必要な老後資金を明確にして、コツコツ運用することが必要になります。, また何より、漠然と不安を抱くより「計画的に貯蓄している」という安心感にも繋がるでしょう。, せっかくのおひとりさま。今を楽しむことがもちろん一番大事ですが、不安払拭のためにも知っておきたい情報がたくさんあります。今すぐ貯蓄を始めましょう!, ここでは独身の場合に必要な老後資金について見てきましたが、老後を考えるときには介護費用についても気になるのではないでしょうか。そんな方は下記記事も参考にしてみてください。, 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。, ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。, マネードクターナビの記事を評価してくださり、誠にありがとうございます! 自分の老後資金をシミュレーションしたことがある人は多くありません。メディアなどに「安心な老後のために〇万円必要」とありますが、結婚しているか独身か、会社員か自営業かなど、環境によって金額は異なります。自分に必要な備えを知ることが大切です。 老後のことを考えると、具体的にどのくらいお金が必要になるのか、どんな病気に備えて保険に入ればよいのかと気になるものです。今回は、老後資金の計算方法と、老後を見据えた保険の考え方について、プロの視点で解説します。独身で老後・将来が不安という方は、必見です。 独身の方に必要な老後の資金額は?男性でも女性でも独身生活が長い方の中には、将来が不安、老後資金が不安という方が少なくないでしょう。今回は、独身一人暮らしの平均的な生活費をシミュレーションし、老後にかかる費用の目安を考慮していきます。 老後の資金がいくら必要かシミュレーションしたい。 年金はいくらもらえるのか計算したい。 老後の生活にはどのくらいお金がかかるのかな? 今のまま貯金しているだけで足りるのかな? 老後に破産なんてことがないようにしておきたい。 という悩みにお答えします。 今回は、老後資金のシミュレーションについて詳しく解説していきます。 この記事を読めば、一般的にはどのくらいのお金が老後に必要なのか? どのようにシミュレーションすれば良いのか? 老後資金を確保するためにどんな投資をすべきなのか? が分かってくるでしょう。 〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング5FCopyright © FP Partner Inc. All Rights Reserved. 次は、独身者に実際に必要な老後資金の目安についてです。これについては明確な基準がある訳ではないのですが、それでも「最低3000万円」というのが一つの目安になっています。 定年後に年100万円取り崩すと考えると、これで30年分、90歳までギリギリですけどね。 もう少し言えば、60歳 … 下北道路、ルート方針固まる 関門橋老朽化で「第3のルート」整備へ. 一生独身を想定した場合、安心して老後を迎えるための資金は着実に貯めておきたいもの。 まずは今の自分の年収で必要資金がどれくらいまかなえるのか、また今から毎月どれくらい貯金しておくべきか、シミュレーションしてみましょう。 50歳独身女性で、老後資金に不安を抱えている方も多いと思います。今回、50歳独身女性がゆとりある老後を送る上で必要な貯金・貯蓄額をシミュレーションし、その必要額の貯め方も解説します。老後貧困に陥らないためにも50代のうちに老後資金を準備しておきましょう。 老後資金は独身世帯でいくら必要なのか?このシミュレーションをするためには独身世帯の一般的な老後の収入と生活費を把握する必要があります。その上で希望する生活水準に合わせて老後資金の必要額をシミュレーションしたいと思います。独身世帯は、夫婦二人世帯に比べていくらの老後資金が必要になるのか早速確認をしてみましょう。, 老後の主な収入源である年金はいくら受け取ることができるのでしょうか。会社員としてお勤めだった場合、年金の仕組みは三階建によって構成されます。まずはこの三階建のどの部分まで年金が支給されるのか把握しましょう。, 年金には上記の図にあるように国民年金と厚生年金の二階建てに加え、三階の企業年金が加わります。それぞれどのような方が受け取ることができるのかご説明します。, 一般的には、国民年金は保険料を規定の期間納めていれば誰でも受給することが可能です。厚生年金は会社員の方に支給される年金制度ですが、支給額は納付期間や納付時の所得によって異なる仕組みになっています。また、企業年金については支給される企業と対象外の企業と分かれるかたちになっています。, 平均標準報酬月額×「7.125/1000~9.5/1000(生年月日に応じる)」×平成15年3月までの被保険者月数 + 平均標準報酬月額×「5.481/1000~7.308/1000(生年月日に応じる)」×平成15年4月以降の被保険者月数, それでは、独身世帯の方はいくらの年金が支給されるのでしょうか。納付期間や所得によって変動がありますのでここでは厚生労働省の厚生年金保険・国民年金事業の概況をもとに年金支給額の平均額をお伝えします。, 国民年金は全期間しっかりと納付すれば男女によって支給額が変わることはありませんが、厚生年金は所得によって変動がありますので、男女によっても年金支給額に差が出てきます。それでは平均支給額をお伝えします。, こちらの平均額に国民年金を足した金額が一般的な年金支給額になりますのでそれぞれ確認してみましょう。, それでは独身世帯の老後の収入をシミュレーションしてみましょう。今回は65歳から90歳まで生きた場合の独身世帯の収入をシミュレーションしたいと思います。, 収入が分かりましたので次に老後の支出をシミューレションしてみましょう。独身世帯の老後の支出をシミューレションするには日々の生活費に加え、介護費用を盛り込む必要があります。夫婦二人暮し世帯では一方が介護が必要になったとしても在宅介護などを活用することができますが、独身世帯では世話をしてくれる人いない可能性がありますので介護費を老後の支出に盛り込むことを忘れないようにしましょう。, それでは、独身世帯の老後の生活費は何にどのくらいの支出が発生しているのか各項目を老後の生活費を家計調査を参考に確認してみましょう。, 独身世帯の老後の生活費は毎月154,500円発生することが分かりました。上記の支出表を見ていただき老後の生活費を大きく上げる原因としては住居費用ではないでしょうか。住居費が13,400円と非常に格安ですが、賃貸住宅にお住いの方は13,000円で家賃が足りるというのは到底信じがたい金額です。実際には5万円程度の支出は発生するでしょうから老後の生活費は19万円から20万円程度は発生すると想定できます。もちろん、持ち家で住宅ローンを完済していれば上記金額も頷けます。, 毎月の生活費から90歳までの老後の生活費をシミューレションしてみましょう。老後の生活を開始する年齢によって必要な老後の生活費が異なりますので今回は60歳、65歳、70歳でそれぞれシミューレションを行います。, 続いて老後の大きな支出である介護費用です。介護が発生しないことがベストですが、万が一に備え介護費用をしっかりと用意しておくことが必要でしょう。老人ホームやサービス付き高齢者住宅において介護保険適用外になる入居金及び月額費を老後の介護費用として用意をします。この費用は施設によって大きく異なることから相場をお伝えします。, 一般的な費用としては入居一時金は300万円、月額費用は35万円程度を介護費用の支出として想定をしておきましょう。また、施設への入居時期がいつになるか読めませんがおおよそ5年程度入居する前提で介護施設の支出を想定したいと思います。, 独身世帯の介護に発生する費用は大筋2,400万円程度となります。先ほどの90歳で寿命を迎えると仮定すると85歳から介護施設へ入居することになりますので、5年分の老後の生活費は介護施設の35万円に吸収される形になります。, 老後の生活費のまとめになりますが、日常生活の支出に介護支出を加えた形で改めて老後の生活費を算出したいと思います。こちらも60歳、65歳、70歳それぞれの年齢で老後の生活を始めた場合の生活費を算出したいと思います。, 独身世帯の老後の収入と支出のシミュレーションを行いました。最後に、この支出から収入を引いた不足分が老後資金の必要額として貯蓄や資産運用もしくは少しでも長く働くことによって担保しなければいけない金額になります。早速、独身世帯の老後資金がいくら必要なのか年齢×男女別にシミューレションをしてみましょう。, 独身男性の老後資金の必要額は、60歳で仕事を辞めた場合最大で2700万円程度の老後資金が必要になります。それでも65歳まで仕事をしたとしても708万円から1500万円程度の老後資金が必要になることから早い段階からの準備は必要といえます。70歳まで仕事を続けることでようやく老後資金はプラスに転じますが、90歳以上も長生きする可能性や年金支給額の削減など先が読めないリスクもありますので注意が必要です。, 独身女性の老後資金の必要額は、60歳で仕事を辞めてしまうと最大で4860万円程度の老後資金が必要になります。これを担保するのは非常に難しいことからできる限り長く働くことは必須でしょう。持ち家で70歳まで働き続けたとしても1300万円程度の老後資金が必要になりますので早めの準備が必要と言えるでしょう。, ここまで独身男女の老後資金の必要額をお伝えしましたが、あくまで「現在」における想定の必要額であることに留意いただければと思います。なぜ「現在」という言葉を使うのか。という意味では今後、消費税の増税、年金支給額の削減、年金支給年齢の引き上げなどが発生する可能性があるということです。そこで上記の老後資金の必要額に毎月の支出15万円×5年分の900万円程度の余裕があることが理想です。, 独身世帯の老後資金の必要額を準備するためには家計調査のように住居費を削減することは非常に重要と言えるでしょう。加えて900万円程度の余剰資金を用意するとなると貯金だけでは不足が生じるかもしれません。もちろん資産運用なども方法がありますが住宅購入もその鍵を握ると言えます。, 住宅は日々の生活費を削減するだけでなく、想定外に支出で老後資金が枯渇する場合などにリバースモーゲージを活用することができます。リバースモーゲージは住宅を担保に金融機関から借り入れを行いますが、元金の返済方法が契約者の死亡後に担保にした住宅を売却し返済完了とする制度です。そのため、相続などが必要ない独身世帯にとっては有益な制度でしょう。, リバースモーゲージは金融機関によって提供している商品内容が大きく異なりますのでまずは、基礎知識を身につけてから各金融機関の商品詳細を確認することをおすすめします。, また、現在の住まいだけでなく、これから購入をする住宅を担保に設定できるリバースモーゲージもあります。現在の住宅が老朽化しリバースモーゲージの担保対象にならない場合などは使い切りの住宅として新築物件をリバースモーゲージの担保に設定しても良いでしょう。, こちらの記事に使い切りの住宅をリバースモーゲージで手に入れる方法を記載してありますので、使い切りの住宅を検討される方は参照してください。, 独身世帯の老後資金の必要額をシミュレーションしました。男性と女性で年金支給額が異なる(納付額による)ことから金額が変わっていますが、女性の社会進出が進み所得格差も埋まると想定されますのでここの差は縮まってくるでしょう。一方で年金をしっかりと納めていない方は、上記のシミュレーションから収入が大幅に減ることが想定されますので注意が必要です。. 以前、生活費などのシミュレーションはしましたので、今回は貯金額に絞って見ていきたいと思います。 ⇒老後の生活費!女性一人の場合は?計算したらこうなった! 目次. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 老後資金の教科書.All Rights Reserved. 独身男性、独身女性は年金でもらえるお金の他に必要な老後資金は 2000万円 と言われています。 2017年の総務省の「家計調査年報(家計収支編)」によると、 65歳以上の無職の高齢単身者世帯の1ヶ月の平均支出は約15.5万円 2020/12/15 20:05. 老後資金の必要額をシミュレーション 独身ではいくら必要? 独身世帯の場合について見ていきましょう。 独身の人が受け取れる公的年金は、 国民年金の場合の平均値は月6万4,941円、 また厚生年金加入者 … 独身男性の老後資金の必要額をシミュレーション 独身男性の老後資金の必要額は、60歳で仕事を辞めた場合最大で2700万円程度の老後資金が必要になります。� リバースモーゲージ、介護保険問題、年金カット法案、高額医療費の自己負担の増加など難しい制度を分かりやすくご紹介します。, 保険料納付期間が25年以上納めた方(平成29年8月1日からは、納付期間が10年以上), 60歳から老後の生活を始めた場合の生活費(介護費込み):7000万円〜8100万円の生活費, 65歳から老後の生活を始めた場合の生活費(介護費込み):6100万円〜7000万円の生活費, 70歳から老後の生活を始めた場合の生活費(介護費込み):5200万円〜5800万円の生活費. では50歳にして貯金が4,000万円あれば、会社を早期リタイアすることはできるのでしょうか?今回は、特に単身世帯の老後資金について、具体例を使って解説します。 50歳の独身は貯金4,000万持っている … 2019年、公的年金以外に2000万円が必要などと報道され、老後のお金に不安を持った人も多いはず。現役時代の所得や老後の生活レベルによって個人差はあるが、一般的に老後に必要になるであろう費用を見ながら、実際に計算していこう!

アメリカ人 名前 由来, テレビ局 韓国 乗っ取り, 24時間テレビ 嵐 2020, Miu404 主題歌 感電, うた プリ Dvd セトリ, マキタ バッテリー 点滅, 劇団四季 札幌 閉館,